炊飯器でのおいしい炊き方

2022.01.29
炊飯器でのおいしい炊き方
「芹乃栄」をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
2022年1月13日にサイトを公開してからまだ2週間ほどですが、おかげさまで多くの方にご利用いただいております。

そんな中、お客様より「炊飯器でも炊けますか?」というご質問をたくさんいただきました。そこで、現在販売中の土鍋ごはんの素(真鯛と生姜 / 鯛と生のり / ごぼうと揚げ穴子)の炊飯器でのおいしい炊き方について記載したいと思います。


真鯛と生姜
  1. お米2合を研ぎ、水を切ってから炊飯器の内釜にお米と出汁270ccと規定量の水270ccを入れる(炊飯器の内釜の目盛りを少し超えます)。
  2. 約40分間、浸漬する(米の中心まで十分に水を浸透させ、ふっくら美味しく炊き上げるために必ず浸漬を行いましょう)。
  3. 浸漬が終わったら、生姜を加えて炊飯器のスイッチを入れる。
  4. 真鯛の袋をあけ、耐熱皿にうつしてオーブン220℃で約10分。又は電子レンジ600w、魚焼きグリルで5~10分温める。
  5. ⑶が炊き上がったら、⑷の真鯛、三つ葉、有馬山椒、ごまを加えて全体を軽く混ぜる。
  6. お茶碗に盛り付けて、お召し上がりください。
 
蛸と生のり
  1. お米2合を研ぎ、水を切ってから炊飯器の内釜にお米と出汁270ccと規定量の水270ccを入れる(炊飯器の内釜の目盛りを少し超えます)。
  2. 約40分間、浸漬する(米の中心まで十分に水を浸透させ、ふっくら美味しく炊き上げるために必ず浸漬を行いましょう)。
  3. 浸漬が終わったら、炊飯器のスイッチを入れる。
  4. ⑶が炊き上がったら、蛸、無塩バター、生のりを加えて5分間蒸らす。
  5. 蒸らし終わったら、万能ネギ、ごまを加えて全体を軽く混ぜる。
  6. お茶碗に盛り付けて、お召し上がりください。

 

ごぼうと揚げ穴子
  1. お米2合を研ぎ、水を切ってから炊飯器の内釜にお米と出汁270ccと規定量の水270ccを入れる(炊飯器の内釜の目盛りを少し超えます)。
  2. 約40分間、浸漬する(米の中心まで十分に水を浸透させ、ふっくら美味しく炊き上げるために必ず浸漬を行いましょう)。
  3. 浸漬が終わったら、ごぼうを加えて炊飯器のスイッチを入れる。
  4. 揚げ穴子の袋をあけ、耐熱皿にうつしてオーブン220℃で約10分。又は電子レンジ600w、魚焼きグリルで5~10分温める。
  5. ⑶が炊き上がったら、⑷の揚げ穴子、つめだれ、三つ葉、有馬山椒を加えて全体を軽く混ぜる。
  6. お茶碗に盛り付けて、お召し上がりください。

  

土鍋をお持ちでない方はぜひ、炊飯器を使って食べてみてください。